MENU

スチールとアルミの特徴

ホイール

デザイン性の高いアルミ

自動車のホイールには、鉄鋼を使ったものとアルミ合金を使ったものの2種類があります。鉄鋼を使ったものはスチールホイールと呼ばれることが多く、値段が安いことと固いことが特徴です。原材料としての鉄は地球上でもっとも多い金属として知られているため、アルミニウムと比較して圧倒的に安価で製造することができます。また、鉄は加工によってより硬くすることができ、日本刀のようにしっかりと鍛えることによって最高の硬度となります。スチールホイールも焼き入れをすることによって高い剛性を誇ります。鉄は錆びることが問題となりますが、塗装をすることによって錆び止めがされていて、少しくらいのサビであれば強度が問題となることはありません。安いことと強いことからバスやタクシーやトラックのように見た目を気にしない用途ではほぼ間違いなくスチールホイールが使われています。一方、アルミホイールに使われているアルミ合金は鉄の3分の1程度の重さの特徴があります。自動車全体の重さと比べるとホイールの重さは小さいものですが、駆動するホイールそのものが軽くなることによって燃費をよくすることができ、ハンドリングもよくなります。また、アルミニウムは柔らかい性質がありますが、柔らかいというと強度不足を心配する人もいますが、加工がしやすい特徴にもなります。高圧のプレス機で製造することができるので、複雑な形状でデザイン性の高いホイールを作ることが可能になります。

Copyright© 2018 大事なタイヤとホイール選びのコツ【事故の可能性はほとんど潰せる】 All Rights Reserved.